ウラオニゴッコ(URAONI GOCCO)

裏っかえしの世界でオニごっこをする遊びです。 重力が逆になったボールの中の世界を覗くことができるコントローラを、ぎゅっと持ってもらってスタート。 こぐるみキャラクターの「フテクマ」になって、自由に上や横をキョロキョロ見ることができます。 コントローラーの向きがフテクマの頭と連動していて、一緒に遊んでいるお友達からみると動きがわかるようになっています。 お友達とすれ違ったらコントローラーを手前に倒したりして、「ぺこ」っとあいさつしてみましょう。 画面をタッチしている間見ている方向に歩くので、走り回ることはしません。上下左右前後ろを見て空間を把握しながらオニから逃げると上手に逃げられます。 したばかり見て操作していると、周りが見えないので、すぐつかまっちゃうので注意しましょう。

必要機材 コントローラー(Androidタブレット)(必須)
アプリタブレットにインストール(必須)
Wi-Fi環境(必須)
サイネージ/スクリーン(推奨)
テント
タペストリー
オニメダル(物販)
オニ面(物販)
オニガチャガチャ(物販)
スペース5x3m
年齢制限3歳~大人まで
ロケーション屋外:可能(雨天非推奨)
屋内:可能
同時プレイ人数機材がそろえば最大19名(現状の機材数としては5名)
1日の体験人数 例:向原アート祭り 70/2000名 (ウラオニ参加人数/イベント動員数)
例:キッズシティー 200/10000名(ウラオニ参加人数/イベント動員数)
例:みなとフェスタ 150/50000名(ウラオニ参加人数/イベント動員数)
Wi-Fiコントローラー台数+1台以上の接続数が必要
周辺光量暗い部屋から屋外の日陰まで自由
コントローラータブレット+木製カバー、落下耐性あり
出展継続時間8時間(随時充電交換)
当日現場必要人数3〜5名(1日200プレイ規模での目安)

TOPICS

2016 9/22 道の駅 湖畔の里 はてなワールド 出展
2016 9/19 道の駅 湖畔の里 はてなワールド 出展
2016 8/27-28 市民球場跡地 キッズシティー 出展
2016 8/17 シャレオ☆アニメーションゲーム「芸夢」出展
2016 8/6 道の駅 湖畔の里 福富 県央から夏 出展
2016 7/30 道の駅 湖畔の里 福富出展
2016 4/28 向原アート祭り出展
2016 3/18 広島のたのしい100人
2016 3/12-13 みなとフェスタ出展
2015 11/27-28 VR Game Jam Hiroshimaでのハッカソンで開発がスタート

MEMBER

運営柳谷環(INTUS.)
開発尾倉 侑也
中奥 貴浩
柳谷 武 (CANDO CORPORATION)
横田 尚吾( World Area Networks)
鼠家 正則
美術上前 昌之(GOODLIFE)
柳谷環(INTUS.)
代理店 INTUS.
World Area Networks
GOOD LIFE
CANDO CORPORATION
協力SHAREFL
お問い合わせ